国際社会においてパリ協定により地球の平均気温の上昇を2度未満にするという目標が掲げられたことはよく知られていることですが、実際問題としてかなり努力をしなければならないということになります。努力目標ということではあるのですがそれでも各国がどの程度の実現ができたのかということによって地球環境が大きく変わってくるということがあります。2度未満というのに何か根拠があるのかということなのですが1.5度の温暖化によって異常気象や海面上昇などのリスクが高くなるということがあり、その上で2度の上昇の場合、数千万人単位での熱波に襲われる可能性が高くなってきてしまい生物の絶滅が増加水不足の地域が爆発的に増えるということが計算でわかっていますので、これを超えないように、ということで規定されたものになります。これから各国が頑張って温暖化減少を目指すことになります。それこそが今後の課題になっているといわれていることになります。クレジットカード お金借りる