最近、熊本で前代未聞の大地震がありました。歴史的建物の悲劇、多くの尊い人命が失われたところ、四六時中報道で映し出され、「翌日は我が身」だと、ふたたび考えさせられました。十階級周り正面、福岡でも地震があり、自分はフィールドにいた訳ではありませんが、大きな揺れを感じました。その日は土曜日で、連日の疲弊を癒そうと、自宅で朝風呂に入っていました。入浴してしばらくすると、少々揺れを感じましたが、当時、2床建ての住まいに住んでいたので、ぶりや階級の上り下りに受け取る揺れだと思いました。身体も程よく温まり、洗髪している時だ。大きな揺れをもらい、暫く続きました。慌てて落とし、脱衣地点にて身体をふき、TVをつけた事、福岡で地震が発生した内容、どの局も速報で流していました。急いで衣裳を着て、どうしたらいいものか考えました。気体ま閉まっておる、水道も止めた、どこに避難したらいいのか、考えれば感じ取る前後分からなくなり、TVで外観を確かめ、最新の知見を得たうえで行為しようと思いました。ものすごく揺れはしたものの、棚やたんすが壊れたりするような被害はなく、地震後は、今まで通り生涯をすることができました。当時の自分は、ひとり暮しで独り暮らし。何かあったときのところなんて、意見もせず、他人事のように思っていました。しかし、地震以後、独り暮らしが故の方策をとらなければと思い、自宅で便所に混ざる時は、玄関を少しだけ開けて置き、通帳や判などといったものは、かさ張ることは承知で、終始持ち歩く、裏の中には、身分ライセンスと達するものを入れておく、ハンカチ・ティッシュ・ハンドクロスを2太陽食い分程度入れておく、絆創膏や常備薬を入れておく、などの考え付くことを中心やり、何かが置きた形態、そのバックを片手に逃げようと思いました。これくらいでは、生ぬるいと思われても仕方がありませんが、悪しからず。
 現在は婚礼をし、小児の生命を守らなければならない身元となりました。今でも、自宅で便所に混ざる時は、少々玄関を開け、直ちに飛び出せるようにしています。裏の原点も未だにですが、小児ができた現下、母子ダイアリーとお薬メモ用紙を追加して備えています。
 私たちは、野生不幸に対して無力なのです。無力だからこそ、各自でとれる支度が大切なのだと、又もや思いました。女性 ひげ 脱毛